共有設備は必ずチェックしよう!

賃貸住宅の設備チェックで最初に行わなければいけないのが「共有設備」です。どれだけ専有(室内)設備が充実していても、共有設備が少なかったりボロボロだと快適に暮らす事は出来ません。共有設備で注目するポイントは大きく分けて「セキュリティ」と「快適性」の2つです。まだまだセキュリティ設備が充実していない賃貸住宅も多くあります。オートロックや防犯カメラの設置といった基本的なセキュリティ設備に加えて、有人警備やディンプルキーの採用といった点も注目してください。不審者が侵入しにくい設備が多ければ多いほど安心して暮らせる物件だと言えるでしょう。

一方、快適性は宅配ボックスや24時間ゴミ捨てが出来る敷地内ゴミステーションといった需要が高くなっている設備の有無を確認すると良いでしょう。あると良いな、便利だなと感じる共有設備が多くある賃貸に絞った物件検索もアリです。

専有設備は利便性を重視しよう!

専有(室内)設備で大切となるのが「利便性」です。内装のオシャレさを重視する人も多くいますが、オシャレさばかりに気を取られると実際に生活をし始めてから後悔する可能性が高くなります。日当たりやコンセントの位置といった有名な確認ポイントのついでに、自宅で快適に暮らせる設備が揃っているか確認していきます。近年では、入居当日から無料で利用出来るインターネット回線が導入されていたり、CS・BSテレビに対応していたりと、自宅での趣味を満喫出来る設備を揃えている賃貸物件も増えています。料理が好きな人はキッチン周りの設備を調べる等、自宅で趣味が満喫出来る環境が揃っているかチェックすると後悔するリスクを大幅に抑えられます。

冬は寒さの厳しい釧路の賃貸物件周辺ですが、海岸部と内陸部で積雪にかなりの違いがあります。積もる雪は少なくても路面が凍ることの多い海岸部に対して、内陸部は高く雪が積もります。