家庭用の灯油タンクはあって当然の設備

北海道の賃貸物件特有の特徴として家庭用の灯油タンクが挙げられます。灯油タンクそのものは北海道以外の地域でも使われていますが、住宅や店舗、事務所など用途を問わずほとんどの物件で灯油タンクが設置されているのは東北の一部を除けば北海道だけです。北海道は冬季の冷え込みが厳しく、日中でも気温が氷点下になるのは珍しくありません。本州以南で普及している小型の電気ヒーターやこたつでは部屋全体を暖かくすることができません。室内が寒いと水道管が凍ってしまうおそれがあるので、冬季は常に灯油ストーブを動かし続ける形になります。そのため、北海道の住宅は屋外の灯油タンクに専用のパイプを取り付け、壁を経由して室内のストーブに繋げているのです。

こうすることで給油の回数を減らし、ストーブを便利に使うことができます。

二重窓も北海道ならではの特徴

北海道の賃貸物件はほとんどの場合、窓が二重構造になっています。一般的な窓は一枚だけ設置されていますが、北海道の場合は二枚かそれ以上の数の窓を重ねる形で設置しています。これは窓の間に空気の層を作り、遮熱性を持たせるのが理由です。屋外の寒い空気と室内の暖かい空気の動きを遮るために、窓を二重にして遮熱性を持たせているのです。また、窓の間に発泡スチロールやビニールシートなどを挟み込んで簡易的な断熱材として使うケースもあります。窓は屋外との境目が薄い板ガラスだけなのでどうしても熱の移動が発生します。二重窓の空間に簡易的な断熱材を挟み込むのは熱の行き来を少しでも抑えるのが目的です。賃貸物件の場合、家主によっては断熱材を挟む行為に事前の許可を求めることがあるので注意します。

岩見沢の賃貸住宅の賃料は2万円から10万円前後まで幅がありますが、5万円から6万円前後の物件が特に多いです。安価な物件でも、ペット飼育相談可能な所もあります。